国民審査

Tagged
「切り抜き」国民審査とは?
128

「切り抜き」国民審査とは?

最高裁判所が、「憲法は一人一票を要求している」と判決すれば、一人一票は実現します。 国民が主権者です。 国会議員や最高裁裁判官は主権者ではありません。 国民は、一人一票反対の最高裁裁判官への有効投票の過半数∗の不信任票(×印)で、自らの手で、一人一票を実現できます。 ∗ 例えば、2010年の参院選の投票数は約5800万...
Twitter フォーラム
76

Twitter フォーラム

一人一票、格差、国民審査などのキーワードを含むつぶやきを集めて表示しております。 #ippyoのないつぶやきも表示されますので、このフォーラムを利用して、出来るだけ多くの方にツィッターで話しかけ、 一人一票のネットワークを広げましょう!
一人一票(2013参院)裁判  ~1人1票判決へ~
51

一人一票(2013参院)裁判 ~1人1票判決へ~

(判決速報) 2014.11.26最高裁大法廷判決 (全文)(骨子)(多数意見要旨)(個別意見要旨) 「4増4減」という、H24年最高裁判決に違反する選挙区割りで行われた2013年7月の参院(選挙区)選挙についての選挙無効裁判は、投開票日(2013.7.21)の翌日に、全47選挙区で一斉提訴されました。 今回は、全選挙...
最高裁大法廷平成24年10月17日判決について
55

最高裁大法廷平成24年10月17日判決について

a.  最高裁大法廷平成24年10月17日判決(平成23(行ツ)65)は、 (1) 「さきに述べたような憲法の趣旨、参議院の役割等に照らすと、参議院は衆議院とともに国権の最高機関として適切に民意を国政に反映する責務を負っていることは明らかであり、参議員議員の選挙であること自体から、直ちに投票価値の平等の要請が後退してよ...
最高裁大法廷平成23年3月23日判決について
69

最高裁大法廷平成23年3月23日判決について

1. 最高裁大法廷平成23年3月23日判決は、一票の不平等の主因となる一人別枠方式は憲法に違反する状態に至っていると判示し、できるだけ速やかに1人別枠方式を廃止し、憲法の要請にかなう立法をするように命じました。 同判決における15人の最高裁裁判官の各意見 1人別枠方式は違憲状態であると判示した裁判官(多数意見)(12名...
Return Top