お勧め情報

お勧め情報欄に表示する記事のカテゴリー

参加する!!
646

参加する!!

サポーターによる活動告知 最高裁大法廷弁論に参加しよう! 弁論に参加して、1人1票の原則を明言する最高裁裁判官へ、エールを送りましょう! →イベント告知はこちら 駅活・0.6票君カード配布のお願い!  北海道から沖縄まで、全国で駅活(ティッシュ)又は0.6票君カードを配布していただける方を募集しております。...
一人一票(2016参院)裁判
1733

一人一票(2016参院)裁判

 2016年7月10日施行参院選挙(選挙区)(本件選挙)に関する、1人1票裁判が始まりました。  今回の裁判でも、全選挙区(45選挙区)で原告が立ち、選挙の翌日(7/11)に、全14高裁・高裁支部で一斉提訴されました。  裁判の進捗状況などは、こちらのサイトで随時ご紹介させていただきます。  【今回の裁判で最も注目した...
「切り抜き」国民審査とは?
346

「切り抜き」国民審査とは?

最高裁判所が、「憲法は一人一票を要求している」と判決すれば、一人一票は実現します。 国民が主権者です。 国会議員や最高裁裁判官は主権者ではありません。 国民は、一人一票反対の最高裁裁判官への有効投票の過半数∗の不信任票(×印)で、自らの手で、一人一票を実現できます。 ∗ 例えば、2010年の参院選の投票数は約5800万...
One for One Times
1185

One for One Times

裁判情報やサポーター活動報告などをご紹介する、サポーター有志による新聞を 発行してみよう!ということになりました。 ご住所の登録をいただいているサポーターの方々には、郵送でお送りしておりまし たが、ウェブ上でも公開して、オンラインでも読んでいただけるよう、新たなページを 作成しました。 不定期発行となりますが、よろしく...
裁判情報
337

裁判情報

投票価値の不平等を定める公職選挙法は憲法違反であり、憲法は人口比例選挙(1人1票)を保障しているとの判決を求める裁判が「一人一票裁判」です。「一人一票裁判」は、古くは49年前に遡ります。昭和37年、当時司法修習生だった故越山康弁護士は、裁判官から1962年3月26日の米国連邦最高裁Baker 判決(Baker v. C...
Return Top